お肌ツヤツヤ!打つ側から輝く血管美人を目指そう!

魚は何を食べたらいいのか

血管の老化は病気はもちろん、美肌を保つためにも防がなくてはなりません。血液がサラサラになれば、血管がしなやかになり、お肌がツヤツヤになるでしょう。そのために必要なことの一つが食事の改善です。魚、いい油、チョイ糖質オフを基本に血管美人を目指していきましょう。まず、魚はEPAの油を多く含むタイセイヨウサバやキンキ、本マグロやアトランティックサーモンなどを生の状態で食べるのがポイントですよ。加熱することで20パーセントほどいい油が失われてしまうので、加熱するならホイル焼きか煮魚にしましょう。EPAは魚から出た煮汁からもとれますが、塩分量に注意し、揚げ物はEPAが失われるので避けるといいですよ。

いい油はどうやって摂取するのか

体内でEPAに変わるオメガ3系脂肪酸を多く含んだ植物油には、アマニ油やえごま油、シソ油などがあり、これらを加熱せずに摂取しましょう。購入の際には、低温圧搾、コールドプレスと表示されたものをチョイスするといいですよ。熱に弱いので、ドレッシングやソース、ジュースやみそ汁に卓上で加えて使いましょう。摂取量は、1食で小さじ1から2杯が目安で調理油はEPAの働きを妨げることがないオリーブオイルか米油がいいですよ。

なぜ糖質制限が必要なのか

糖質を摂取すると血糖値が上昇するのが人間の体内の仕組みになっています。この時、空腹時と食後で血糖値の差が大きければ大きいほど血管が傷つくので気を付けましょう。血管内にコブができてしまう脳卒中などのリスクも高まるので注意が必要です。過度な糖質オフは必要ないですが、血糖値の急上昇を避ける程度にオフするといいでしょう。

品川美容外科の死亡まとめサイト