忙しい朝でもすぐできる!クマの応急処置方法

洗顔時に水の温度調節で一工夫

朝起きて洗顔をしようと鏡を見たら、いきなりクマができていた、という経験をしたことのある方は多いのではないでしょうか。こんなときは、洗顔に使う水の温度調節を一工夫するだけで簡単にクマ消し対策ができます。まず、いつもの洗顔をしながら水の温度を高めに設定し、少し熱いくらいのお湯で顔を洗います。顔の内側から温まったら、今度は冷たい水に温度変更をして洗顔をします。熱いお湯と冷たい水で洗うことで、瞬間的に血行を促進させ、クマの原因である血行不良を改善することができます。温度調節だけの簡単な方法なので、時間のない朝でもすぐにできる方法です。

スキンケアの後は簡単クマ消しマッサージ

スキンケアの後は肌の滑りが良くなっているので、このタイミングでクマを直接刺激するマッサージでクマを消しましょう。まず、下目蓋の目頭の位置に人差し指を置きます。人差し指でクマができた部分を押しながら、目の中央、目尻に移動させていきます。血液やリンパの流れを促進するイメージでマッサージをしましょう。目の周りは皮膚が薄いので、顔が乾いている状態でのマッサージは肌に摩擦ダメージを与えてしまいます。肌の滑りが良くなっているスキンケア後に行うことで、摩擦ダメージを最低限に抑えることができます。

時間があるときはホットタオルケアがおすすめ

少し時間に余裕があるときは、ホットタオルを使ったケアがおすすめです。顔全体を覆えるサイズのタオルを水で濡らし、軽く絞ります。これをレンジで30ほど温めると、簡単ホットタオルの完成です。作ったホットタオルを顔に乗せ、5分ほど置いておきます。顔全体の血行が良くなり、クマを薄くする効果が期待できます。ホットタオル後後は乾燥しやすいので保湿ケアをして終了です。

品川美容外科の判例について詳しく